teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:14/457 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

あれまあ!

 投稿者:古館  投稿日:2020年 8月11日(火)23時21分9秒 133.106.49.10
  通報
  佐々木くん、お久しぶりです。お元気のご様子、安心しました。
笹目のハヤを一緒に食べたなかではないですか。日本広しといえども笹目のハヤの味を知っている人はそうはいませんよ。

僕はちょっと前から、ときがわ町大野地区で活動している、ときがわ山里文化研究所というNPO団体の会員になっております。
石油が外から持ち込まれ山里・山村の状況は一変してしまいました。
その山里の文化を都市部のかたたちにも体験を通じて伝え残していこうという活動です。詳しくはHPを見てください。
硬い話はともかく、地元に通じているかたがいると活動の幅が広がります。山菜はどこで獲ったらいいの、筍はどこで獲ったらいいの、川(県の管理)へどうやって降りたらいいの(川までの斜面は個人の土地)、都市部から来た人にはわからないことだらけです。そこで道案内をしてくれる人達がいると心強いのです。あそこの人はよく知ってるから声がけ挨拶をすれば大丈夫だ、あそこは気難しいから近づかないほうがいい、とかとか。

僕の最近の行動パターンは、金曜日の夜にときがわ町大野地区の古民家に行って泊まり、土曜日は9:30ー15:00でNPOの活動に参加し、その後はNPOの管理している畑で遊び、夕方は古民家のベランダで暮れなずむ山を見ながら「グビグビ」って感じです。日曜日は古民家近くの畑をやって午後には帰るって感じです。

スクーターで日帰りで往復百数十キロ走るのは大変でしょう。古民家、泊まれますから、良かったら利用してみてください。
囲炉裏も薪ストーブもありますよ。しかもトイレは洋式水洗です。(小のアサガオは手動水洗ですけどね。)
限界集落と言われている場所ですが、周りに方々はとても親切で温かいです。遊んでいるだけのこんな僕に「今日も大変だったんでしょう」と言って、冷やし中華や、そうめんや、カレーや、野菜炒めや、漬物や、色々差し入れてくれるのです。

 
 
》記事一覧表示

新着順:14/457 《前のページ | 次のページ》
/457