teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


【お知らせ】サイト閉鎖の件(Page ON/サービス終了につき)

 投稿者:大内雅人【管理者】  投稿日:2014年12月16日(火)20時35分1秒
  本ページご覧いただいている皆様へ

大変ご無沙汰しております。
下記のようにPage ONサービス終了につき,本サイトを閉鎖するつもりです。

1999年から2002年にかけて,大学院生としての諸活動を中心に更新して参りました。
就職後は更新することがなかなかできず,まことに申し訳ございません。
代替案など目下検討中です。

取り急ぎ、用件のみにて失礼します。

 2014年12月16日

         大内雅人 拝

   ~~~~~~~~~~以下、引用~~~~~~~~~~~

平素より「Page ON」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、2015年2月28日をもちましてOCNのオプションサービス「Page ON」を終了します。これに伴い、2014年7月31日をもって新規お申し込みの受け付けを終了いたしました。これまでご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

「Page ON」ご利用中のお客さまには、他ホームページサービスへの移行をおすすめしますので、お手数ですが、下記のご案内をご一読いただき、移行のお手続きをお願いします。なお、今後新たに情報発信ツールをお探しのお客さまには、NTTレゾナント社が提供する「gooブログ」を推奨いたします。

お客さまには大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。何卒ご理解いただけますよう、お願いいたします。

http://page-on.ocn.ne.jp/close.html

 
 

第3回平島松尾顕彰会「柳渓忌」・福島自由民権大学2013年秋季講座お知らせ

 投稿者:大内雅人  投稿日:2013年 8月 3日(土)16時31分1秒
  暑中お見舞い申し上げます。
 天候不順の折柄、いかがお過ごしですか?
 本日、8月3日(土)は、夏の土用の丑(二の丑)ですね。

以下、2013年7月15日付・三春地方自由民権運動血縁の会「会報」の情報を転載いたします。

第3回平島松尾顕彰会「柳渓忌」・福島自由民権大学2013年秋季講座お知らせ
1、日時:平成25年8月11日(日)13:00~16:30
2、場所 JR二本松駅・二本松市市民交流センター2階 第2会議室
http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/site/shisetu/1543.html

〒964-0917
福島県二本松市本町二丁目3番地1

市民交流センター
電話:0243-24-1215

※詳細は、上記にお問い合わせお願いします。           以上

http://www.47news.jp/localnews/hukushima/2013/04/post_20130408105800.html

 

イラン革命は明治の自由民権運動100周年

 投稿者:ねこ  投稿日:2013年 4月28日(日)19時19分9秒
  イラン革命は明治の自由民権運動100周年

http://book.geocities.jp/japan_conspiracy/0202/p009.html#page191
http://book.geocities.jp/conspiracycalendar/02/d/02/0211.html

その自由民権運動は、民権派の政治結社
『以文会(いぶんかい)』結成百周年記念日を意味した。
「イラン」は、語呂合わせで選ばれたのだろう。
日本の外交・世界の政治は、この程度のレベル。
(仮説を含む)

( http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/01/p002.html )
 

再放送・NHKEテレ 日本人は何を考えてきたのか 第2回「自由民権 東北で始まる」

 投稿者:大内雅人おおうちまさと@東京都練馬区  投稿日:2013年 1月 2日(水)02時00分24秒
  日本人は何を考えてきたのか 第2回「自由民権 東北で始まる」

2013年1月2日(水)  26時15分~27時45分  の放送内容

明治10年代、国会開設を求めた自由民権運動。福島は高知とならぶ中心地だった。俳優の菅原文太さんが東北の民権運動家の足跡を追い、地方分権、民主主義の源流を訪ねる。
番組内容

出演
菅原文太,

ゲスト
東京経済大学名誉教授…色川大吉,東京大学名誉教授・東北大学名誉教授…樋口陽一,

キャスター
三宅民夫



※今年もどうぞ宜しくお願いします。書込が遅くなりましてスイマセンでした。

http://tv.yahoo.co.jp/program/65140057/

 

【期日迫る】自由民権130年シンポジウム「自由民権運動と激化@新潟県」

 投稿者:大内雅人  投稿日:2012年 9月 6日(木)22時57分2秒
  おばんです。以下、お知らせを頂きましたので転載いたします。しばらく不在としていたため連絡が遅れて申し訳ございません風邪
今年11月では福島県喜多方市でシンポ開催と聞いております。事務局皆様に「進捗」など本掲示板に書き込んで頂ければ幸甚です。よろしくお願いします。

~~~~~以下、転載はじめ~~~~~~
自由民権130年シンポジウム「自由民権運動と激化」開催のお知らせ(新潟県立歴史博物館)

新潟県立歴史博物館を会場に、9月15日(土)に自由民権130年シンポジウム「自由民権運動と激化」が開催されます。ぜひこの機会に新潟県立歴史博物館までお越しください。

◆ 日 時 平成24年9月15日(土)11:00~16:00
◆ 場 所 新潟県立歴史博物館 研修室
◆ 主 催 新潟県自由民権シンポジウム実行委員会
◆ 共 催 新潟県立歴史博物館
◆ 定 員 50名(要申込)
◆ 料 金 無料


◆ 内 容
 今から130年前の明治15年9月、長岡で自由懇親会が開かれました。山際七司を中心に計画された懇親会・講演会に、多くの青年が参加しました。なぜ、青年達はこの懇親会に参加したのでしょうか。また彼らは、何をめざしていたのでしょうか。時代は、合法的な運動から激化へ向かいます。今回のシンポジウムでは、新潟青年民権運動と県外の激化事件に注目し、明治15年の激化を再検討します。

◆ 日 程
 11:00~ 研究報告「激化の時代~新潟青年民権家の果たした役割」
      横山 真一/新潟県立長岡向陵高等学校
 11:30~ 発表「新発田の青年民権家清水中四郎を追って」
      新潟県立長岡向陵高等学校歴史専攻有志
 12:50~ 基調報告「2010年代から見た自由民権」
      田崎 公司/大阪商業大学准教授
 13:30~ 研究報告「福島・喜多方事件の再検討」
      安在 邦夫/早稲田大学名誉教授
 14:05~ 研究報告「群馬事件の実像を探る-民権運動の激化-」
      岩根 承成/秩父事件研究顕彰協議会
 15:25~ 質疑・意見交換

◆ お申し込み先
 新潟県立歴史博物館 経営企画課
 〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
   申し込み:TEL0258-47-6135  FAX0258-47-6136
            E-mail:koryu@nbz.or.jp
         http://www.nbz.or.jp/jp/index.html

~~~~~以上、お知らせ終了~~~~~~

http://www.pref.niigata.lg.jp/rekishi/1345496452108.html

 

[新刊紹介] 安在邦夫『自由民権運動史への招待』(吉田書店、2012年)

 投稿者:大内雅人  投稿日:2012年 5月31日(木)22時07分24秒
  *安在先生の新刊情報をお知らせ致します。
安在邦夫『自由民権運動史への招待』(吉田書店、2012年)

内容紹介:
自由民権運動史研究の第一人者による入門書決定版!
今こそ、自由民権運動の歴史をじっくり辿ってみる必要がありそうです。民主主義の原点である自由民権運動から私たちは、いま何を学びとるか。民権運動史と研究史を鳥瞰する格好の一冊です。
「自由民権運動の精神と営為をいま学ぶことは、方向性を喪失した昨今の政治状況を考えるとき大切な課題といえる」(本書より)

http://www.amazon.co.jp/自由民権運動史への招待-安在邦夫/dp/490549706X/ref=sr_1_6?s=books&ie=UTF8&qid=1338469422&sr=1-6

 

自由民権情報2012年5月

 投稿者:大内雅人  投稿日:2012年 5月 2日(水)21時30分44秒
  おばんです。
三春の滝桜も開花したそうですね。

気付いた情報を、つれづれと記します。
掲載順にしましたが、「5月分」に限らないこと、お断りします。



1,「本屋にない本」 国立国会図書館『月報』610号(2012年1月)
『最後の民権政治家 立川雲平』
田川五郎著 立川昌介刊 中央公論事業出版制作 2011.5 248 頁 20cm      <請求記号 GK136-J26 >
http://www.ndl.go.jp/jp/publication/geppo/pdf/geppo1201.pdf




2,福島県田村郡 三春町(2012年2月24日更新)
http://www.town.miharu.fukushima.jp/site/rekishi/minken.html
三春と自由民権運動|三春町歴史民俗資料館



3,町田市立自由民権資料館紀要『自由民権』25(2012年3月)
特集 豪農にとっての幕末維新Ⅱ
http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/cul03/jiyuminkensiryokan_hanbaitosho.html

・[論文]家近良樹「杉田仙十郎・定一父子と近代の受容」
・[論文]金原左門「豪農十代目長谷川彦八はなぜ「近代化」を担いえたのか」
・[論文]岩崎孝和「武蔵国多摩郡小野路村名主小島家の政治・社会意識」

・[寄稿]池内啓「杉田定一と東洋学館」
・[寄稿]田村貞雄「「小国主義」思想研究の発端について」
・[寄稿]稲田雅洋「高島千代氏の書評『自由民権運動の系譜』によせて」
・[書評]上條宏之「青柳直樹『信州民権運動と地方自治制』
・[新刊紹介]長野浩典「野田秋生『大分県自由民権運動史(概略)』」
・鶴巻孝雄「自由民権資料館の可能性」
・安在邦夫「自由民権資料館に期待すること」



『民権ブックス25 村野常右衛門とその時代』
・開館25周年企画展《至誠の民権家 村野常右衛門とその時代》の記録
・[講演録]松崎稔「村野常右衛門と武相の自由民権運動」
・[講演録]小宮一夫「三多摩壮士の指導者村野常右衛門の軌跡
  ―初期議会期から日清戦後にかけての政治活動を中心に―」
・[講演録]季武嘉也「村野常右衛門と政友会関東派」
・[講演録]老川慶喜「実業家としての村野常右衛門
  ―横浜鉄道と横浜倉庫―」


4,町田自由民権カレッジ2期生追加募集(更新日:2012年4月25日)
町田市立自由民権資料館では、2009年度から町田自由民権カレッジを立ち上げました。今回はその第2期の募集となります。このカレッジでは、受講生に自らの力で調査や学習・研究を進めていく力を身につけていただく、ということを目的にしています。そのため、市民向けの歴史講座としてはかなり長い、3年間という期間を設定しています。カリキュラムも、講義だけではなく、2年目には史料講読、3年目には研究発表・卒業論文執筆など、できるだけ受講生に能動的に参加していただく形式をとっています。
内容は、名称に「町田」「自由民権」とあるように、町田市域での自由民権運動を中心に扱うことにはなりますが、武相地域(=多摩を含めた旧神奈川県域)の幕末から明治期の歴史について学ぶことをめざしたものとなっています。
カレッジを通じて、歴史を知る楽しさだけでなく、考える楽しさを体験していただければ、と考えています。

期間:2012年度~2014年度(3年間を通した講座です)

回数:年間15回

対象:町田市在住・在勤・在学(市内の学習・研究団体で活動されている方を含む)の方優先
*市外の方でも申し込み可能です。

募集定員:若干名
*応募者が定員を超えた場合は、抽選とします。
*3年間を通した講座のため、途中からの募集はいたしません。

参加費:年間4,000円 (受講料)

http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/cul03/minken/college.html




5,『週刊金曜日』893号(2012年4月27日)
特集記事■憲法特集  自由民権運動から脱原発社会へ  草の根民主主義を見つめる
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/tokushu/tokushu_kiji.php?no=2464




以上。

https://twitter.com/#!/masato_o1975

 

転載『福島県郷土資料情報』No.52

 投稿者:大内雅人  投稿日:2012年 4月19日(木)22時08分3秒
  福島県立図書館が2012年3月付けで発行した『福島県郷土資料情報』No.52に「東日本大震災福島県復興ライブラリーのご紹介」及び「市町村広報誌特集記事に見る東日本大震災H23.3.11-H23.12.31」等の記事が掲載されています。

前者では、東日本大震災や福島第一原子力発電所事故に関する資料を収集している同ライブラリーの713点の資料がジャンルに分類されリストアップされています。

後者では、福島県内の市町村が刊行する広報誌から東日本大震災に関連する記事がまとめられています。なお、KFB福島放送の2012年4月7日付け報道によると、同館は全面開館に向けて復旧工事を行っていますが、工期が予定より延びたために全面開館の予定が5月から6月下旬へと変更される見通しだそうです。また、同館は2012年度に被災者支援として仮設住宅に本を貸し出す取り組みを始めるともされています。

東日本大震災福島県復興ライブラリーのご紹介(PDF:15ページ)
http://www.library.fks.ed.jp/ippan/tosyokanannai/kankobutsu/kyodo/kj520004.pdf

市町村広報誌特集記事に見る東日本大震災H23.3.11-H23.12.31(PDF:19ページ)
http://www.library.fks.ed.jp/ippan/tosyokanannai/kankobutsu/kyodo/kj520005.pdf

『福島県郷土資料情報』No.52
http://www.library.fks.ed.jp/ippan/tosyokanannai/kankobutsu/kyodo/Kj000000.htm

県立図書館の全面復旧は6月下旬に(KFB福島放送 2012/4/7付け記事)
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201204074

参考:
福島県立図書館、展示「3.11からの8784時間~そして これから~」を開催
http://current.ndl.go.jp/node/20327

被災した福島県立図書館が全面開館に向けて復旧工事を実施中
http://current.ndl.go.jp/node/20117


*引用

http://www.library.fks.ed.jp/ippan/tosyokanannai/kankobutsu/kyodo/kj520004.pdf

 

民権大学2012春季講座日程

 投稿者:大内雅人  投稿日:2012年 4月19日(木)05時33分25秒
  平成24年5月6日(日)、三春町歴史民俗資料館

13:00~
山崎四朗氏「喜多方事件130周年記念集会の持ち方」
渡部恵一氏「磐州を追想する葵山~浪江町に残された愛澤寧堅の書から~」

15:00~
安在邦夫氏 総括

                        *三春地方自由民権運動血縁の会『会報』第70号より引用
 

自由民権情報2012年4月

 投稿者:大内雅人  投稿日:2012年 4月 5日(木)03時22分54秒
  以下、毎月はじめにお知らせします。先月末の情報も含めます。

1,展示会:高知市自由民権記念館「 憲法発布と綿絵展」
平成24年4月28日(土)~6月10日(日)
現行の日本国憲法が施行された日である5月3日の憲法記念日にちなみ、明治時代の憲法である大日本帝国憲法の発布や国会が開設されたときの様子を、館蔵の綿絵などを中心に紹介します。
http://www.i-minken.jp/



2,新聞掲載
「森藤右衛門:見直そう 酒田出身の優れた自由民権運動家、顕彰する会が発足 /山形」
毎日新聞 2012年03月29日 地方版
 ◇命日の碑建立を目指す
 優れた自由民権6件運動家でありながら埋もれてしまった酒田市出身の森藤右衛門(1842~85年)を顕彰する「森藤右衛門を顕彰する会」(関口修会長)が28日、発足した。同日は森藤右衛門生誕170年の記念すべき日。関係者らは活動を盛り上げ、森の命日である9月16日の碑建立を目指す。【佐藤伸】
 森は酒田の豪商の次男として生まれた。その森を板垣退助らに比肩する自由民権6件運動家にした事件が「ワッパ騒動」だ。つづく
http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20120329ddlk06040057000c.html



3,新聞記事
「秩父事件のドラマめぐりシンポ 埼玉」
朝日新聞 2012年3月26日
 明治期の秩父事件の扱い方に問題があるとして、テレビドラマの内容に抗議していた「秩父事件研究顕彰協議会」(事務局・小鹿野町)が25日、関連のシンポジウムを埼玉県秩父市で開いた。
 同会は事件を「自由民権運動の一形態」とし、ドラマを昨年放映したTBSに「事件や人物が『火つけ強盗』のように描かれた」と抗議。TBSは「原作に基づいたフィクション」との見解を示している。
 シンポでは、田島泰彦・上智大教授(メディア法)が「映像の社会的責任」と題して講演し、「セリフと映像でイメージが強化される」などと述べた。映画監督の神山征二郎氏や高島千代・関西学院大教授(日本近代史)も、秩父事件の意義などを語った。
http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201203250294.html


4,町田市自由民権資料館
http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/cul03/index.html


   以上
 

レンタル掲示板
/12